ヘイボーイ・タフボーイ・コンボーイ

お父さんお尻が裂けちゃった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

めっさ放置しまくったわいw

さて今日は昔話をひとつ。。。

え~シミュレーション系のブラゲは私ずいぶんと長い年月をやっておりましてですね、今日は昔を振り返っての話でも書こうかな~と。。。
ぶっちゃけオチは無いっすw

なんとな~く最近思い出す事が多くなったので、ちと書こうかな~とね。


系統を混ぜてしまえば私のデビューは携帯版の信長から始まり、携帯三国志→ブラ三→ドラクル→トラビ。。。
って感じでま~色々とやって来ました。
現在はブラ一ですなはい。

んでですね、大抵の場合は親密な仲間、そして互角で戦える強敵手ってヤツが出来てくれるのですよ。
この2つがあると、どのゲームでも楽しさが全然違って来るんですよね~はい。

ブラ一の場合はですが、強敵でもあって私の戦争の師匠ってポジションに麦さんがおりまする。
是非統合と合併したら再戦したいもんですたい。

んでここからが昔話でござる~。

2年か3年になるんですかね~?もう。。。月日が経つのは早いもんだw
その頃の私は毎日戦争毎日略奪ってスタイルが気に入っており、ブラ三をさっさと切り上げてドラクルにいそしんでおりました。
初期鯖辺りでは普通にランカー維持を目指し、高速鯖というかインフレ鯖というか。。。そういうモノに乗り込んでからは、ぼんやりのんびりと略奪に勤しむってスタイルだったと記憶しております。

ランカー維持ってのはぶっちゃけキツいんすよねw 1日寝坊したりしたらもう取り返しがつかないって感じでして、アホみたいに課金して~レベリング遅れるから戦争なんか持っての外!って感じで。。。
ある日一気に萎えてしまったんですわw 何やってんだ俺?って感じですね。

んでその後はひたすら略奪、戦争、略奪、戦争。。。こんな感じのスタイルになりました。

そんなまったりプレイを続けていたある日、一人の男前を発見したんですよね。
武名は風の噂で聞いた事があるって感じではあったのですが、実際同じ鯖でやるのは初めてでしてですね、その方の戦いっぷりに惚れてしまったのですよ。
その方は決して鯖最強といった類では無く、1日中張り付くってタイプでも無いのですが、戦いに対する姿勢が私の心を惹き付けて止まないといった感じでした。

私は彼との対決を決意し、来る日の為にせっせと真面目にレベリングを開始しました。
その時点ではぶっちゃけ戦力差がありすぎたんですよねw
こちらも並の相手ならマトモにぶつかった場合、1人で10人は相手を出来るって能力ではあったのですが、それでもその時の戦力差では私と同じ能力を持った人間2人でなんとか戦えるって戦力差だったのです。

ま~ところがですね、せっせとレベリングをしていた最中で所属同盟っぽいトコで大問題が勃発しまして、なんやかやで引退してしまったのですだ。
結局その方とは戦う機会は無く、最後に残った戦力全てをぶつけて介錯してもらって終りました。


月日は流れ、前記のゲームの続編が出ましてですね、当時の仲間と一緒に鯖開始時に乗り込みました。
スタイルは変わらずとにかく略奪、戦争、略奪、ヒャッハー!鬼畜でしたなw

まあそれはさて置き、その鯖で私はその方と再び再会したのですよ!速攻でメールしましたさ~!
そして今度こそタイマンやりましょ~!って感じで約束を取り付け、お互いに戦力を蓄え続けました。

と・こ・ろ・が。。。

彼の武名はとにかく高かったようで、鯖最強の戦闘集団の盟主と鯖トップのランカーに攻められてしまったのですだw
そうそう簡単にやられる人では無いのですが、それでもさすがに相手が悪く、拠点はほぼ剥ぎ取られジリ貧は目に見えておりました。

私は彼の救出を決意し、レベリングを全て捨ててですね、彼の本拠地に全ての戦力を援軍で詰め込みました。
戦う為に助けるっていうなんとも訳の分らん行動ですがねw
ラディッツが来た時のピッコロと悟空みたいな感じですだ。

2日間の膠着の後、私が拠点を付近に建設&全兵の移動を~ってしてる間に彼は大損害を被りました。。。
その後なんやかやで相手の迎撃には成功したのですが、兵の復帰までは相当の時間を要し、その間私は他の場所で
戦争戦争略奪戦争略奪。。。
としてる間に肺炎入院しちまいましてですねw

結局2週間放置してしまってそのまま引退。。。彼との対戦は現在まで叶っておりませぬ。

今でもものすご~く心残りですね、めちゃくちゃ楽しみにしてましたしでorz


ズラズラと書き綴って何が言いたいの?って人が多いでしょうからハッキリ書こう!
互角にやり合える相手とやれるチャンスってのはそうそう無いんだよって事ですだ。
戦争スキーな人間なら思い立ったらやっちまえ!負けても良いのよ戦う時点で勝ってるんだよ!!

うんすげ~右翼発言やなw 


最後に彼の言葉をひとつ。。。俺も全くの同意見ですだ。


生きる為に戦うのでは無い 戦う為に生きるのだ



スポンサーサイト
  1. 2012/01/27(金) 00:30:52|
  2. 一騎当千
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。